1. HOME
  2. ブログ
  3. ワーママで夕食を作れない時の料理時短テクニック5選をご紹介

ワーママで夕食を作れない時の料理時短テクニック5選をご紹介

今日も一日頑張るぞ!

と毎朝張り切って起きて
いらっしゃる方は少ないのでは?

なぜなら食事作りなどの家事と仕事を
両立させていくのは結構大変だと
心も体も知っているからでしょう。

ワーママはお仕事と家事それから育児に
と毎日フル回転で頑張っていますが
なかなか理想のスケジュール通りには
いかないのが日常です。

家に帰ってからは時にワンオペ育児
となるケースもありますよね。

まずはそんな頑張るワーママの
一日のスケジュールを見てみましょう。

忙しいワーママのスケジュールをチェック

毎日職場でもお家でも忙しいワーママ。
仕事と家事と育児をどれも
うまく回していくのが理想ですが
なかなか思い通りにいかず
「もっとうまく時間を使えないものか」
と悩むワーママはきっと多いはず。

どれが正しいやり方というのはありませんが、
他のワーママがどうやって
毎日やりくりしているのかは
やはり気になるところです。

ここでは私が働いていた当時の
朝起きてから夜寝るまでの平日スケジュールを
ご紹介します。

【 ワーママの一日のスケジュール例】

6:00 起床 朝食・お弁当づくり、洗濯ものを干す、洗顔・化粧

7:00 ご主人・子供たち起床、ご飯を食べさせ食器の片付け

8:00 ご主人出勤、子供たち登校見送り 自分の出かける準備

8:30 出勤

17:00 退勤 夕食の買い物(昼休憩にすることもありました)

18:00 帰宅 食事の準備、洗濯もの取入れ、子供たちの宿題を見る

19:00 夕食、ご主人帰宅 

20:00 お風呂、明日の朝食・お弁当の準備、洗濯の予約など

22:00 就寝

こうして一日のスケジュールをあげてみましたが、
仕事の終わる時間や子どもの
ご機嫌に左右されるのは日常茶飯事。
なかなかスケジュール通りにはいかないのが普通です。

ベネッセが行ったワークライフバランスの調査では
ほかの国に比べて満足度が低い日本のワーママの
現状を示しています。

また、帰宅後から子供が寝るまでの時間を
ワンオペで頑張る日本のワーママの傾向も見て取れます。https://www.benesse.co.jp/brand/category/lifestyle/20190905_1/

(Benesse 「日本の働く母親は“ワンオペ”で大変?! 4か国比較で見えたワークライフバランス向上のカギとは」参照)

時間に追われてくたくたになる毎日ですが、
家事の中で何に一番頭を悩ませているのか
といえばやっぱり避けては通れない
毎日の食事づくりではないでしょうか。

その中でもやはり帰宅後の
夕食作りが出来なくて悩んでいらっしゃる
というワーママの声をよく耳にします。

それならば梨沙がお手伝いできる得意分野です!

夕食が作れない方へ時短料理テクニック5選をご紹介

毎日の食事作りはだれしも避けては通れないもの。
一番楽なのは家族がそろって
外食で済ましてしまう事ですが
現実的になかなかそうはいきません。

経済的な問題もありますし
共働きの場合は家族全員がそろって食事
という事自体が難しいかもしれません。

それでは普段の食事作りは
「しなければならないもの」と割り切って
いかに効率よく準備をするかへと
気持ちを切り替える事が大切です。

特に帰宅後疲れている状態で
急いで準備をしなければならない夕食が
ワーママの悩みのタネ。
中には次の日のお弁当のメニュー
の事まで考えなきゃいけない人も。
(お弁当メニューに役立つ記事はコチラです)


実は私もそうでした。
3人の子供の子育てと家事
洗濯ものの多さや掃除の手間
毎日毎日時間に追われ疲れ果てていたんです。

いかに手抜きをするか四六時中考えていたように思います。
でも、食べることが大好きなので
簡単においしくできるお料理を
いっつも考えて作っていました。

ここで私がやっている簡単な時短テクニックや
夕飯づくりのコツを少しご紹介します。

例えば朝の時点で
夕食に使う材料を頭に思い描き
冷凍しているものは冷蔵庫に移したり
保存している食材で夕食に使いそうなものを
一つのタッパにまとめておきます。

帰宅後は時間とお腹をすかせた子供達に追われて
どうしてもバタついてしまいますので
朝のうちに夕飯の下準備をしておくと
帰宅後の夕飯づくりがとてもスムーズに進みますよ。

それでは夕食が作れないワーママが
すぐに取り入れられる時短料理テクニック5選を
ご紹介しますね。

時短テクニック① 買い物はまとめ、食材の下準備を工夫する

買い物に行く前に1週間のメニューを
大まかに決めてしまいましょう。

お買い物は最低限必要な物だけにして
できれば一週間分まとめてできるようになる
のが理想です。
メニューが決まり、慣れれば
一週間分のお買い物を一度に済ますことも
出来るようになります。

平日の買い物を習慣化している方も
実は多いのではないでしょうか?
スーパーでの買い物は、
「スーパーへの行き帰りの時間」
「スーパーでの滞在時間」
「買ってきた食材の下準備の時間」と、
結構時間を消費する行動です。

毎日習慣化しているので
改めて考えることが少ないかもしれませんが
よく考えると意外と時間をとられています。

もし一度の買い物に1時間かかっていたとすると
それを週3日から1日に減らしただけで
単純に週2時間も余裕が出来ることになります。

「そうはいっても毎日新鮮な食材で調理したい」と
思われるワーママもいると思います。
家族にできるだけ良い食材で作った食事を
提供したいという気持ちの表れですよね。

でも今の時代、冷凍庫の冷凍技術も進歩しており
食材をまとめて購入してもうまく保存すれば
味もさほど落ちることはありませんので
忙しいワーママにこそまとめ買いをお勧めしています。

メニューを考えるときは、
魚・牛肉・豚肉・鶏肉など
メインになる食材をまず決めます。

そこから、実際に何を作るか決めると
メニューが決めやすいです。
こうすることで肉料理ばかりが続いたりする
というメニューのマンネリ化も防げます。

買い物から帰ったら、
食材をそのまま冷蔵庫に入れるのではなく
購入した食材の下処理をして
冷凍や冷蔵保存しておきましょう。

野菜は傷みやすいのですが
それぞれ長持ちする方法もあるので試してみてください。

玉ねぎ・人参・じゃがいもは
日持ちする食材なので常備しておくと便利です。

また、料理に欠かせない出汁は手作りがおすすめです。
多めに作ってジップロックや製氷機に入れて冷凍しておくと
いつでも使いたい分だけパッと取り出せて便利です。

時短テクニック②時間を組み立てる

忙しいワーママだけでなく、
誰しも普段の調理を手際よく進めたいと思うもの。

ごはんの準備時間を短くして
段取り良く進めるためには
思い付きで調理せずに
頭の中で全体の流れを意識するようにしましょう。

仕事から帰宅したら、まずはじめに
時間のかかる煮物や蒸しものを作り始めましょう。

すでに下処理してある食材を使えれば
さらに時短になります。

煮たり蒸したりしている間は
副菜や味噌汁、サラダなどを作る時間にあてます。
調理して段取りよく進めていけば、30分で3品は作れるようになりますよ。

出来れば使う食器の準備も調理の間にしておき
調理中に汚れた器具もその場でさっと洗ってしまいます。

つい面倒な洗い物はシンクにためて放置しがちです。
こまめに洗っておくと、水洗いでさっと
済ませられるものもあったりして
実は一気に溜めて洗うよりも
手間がかからなかったりします。

シンク周りがすっきりして作業もしやすくなりますし、
何より調理ができた時には器具のほとんどが
洗いあがっていると後の片付けが楽ですよね。

時短テクニック③ガスコンロをフル活用する

最近キッチンのガスコンロは
3口が主になっていますが
あなたはフルに活用できていますか?

お魚やお肉は魚焼きグリルで焼くと
美味しく調理できますので
3口のコンロと合わせると
実質4つの調理を同時に進めることができます。

更にタイマーを使うことで
無駄に煮たりする時間を減らせるので
時間とガスの効率がよくなりおすすめです。
音の違うタイマーを2個用意することで
コンロでの調理の管理が楽になりますよ。

時短テクニック④食材の切り方を工夫する

食材は調理方法によって切り方を工夫します。

基本的には大きく切れば歯ごたえがあり
ボリュームも出るので食材そのものの味が
強く感じられます。

逆に小さく切れば切るほど熱の通りが早くなり
調理の時間も短くて済みます。
切る手間は増えますが
火を使う時間も短くなるので
ガスの節約にもなります。

また、小さなお子様の場合
苦手な食材はみじん切りにして
他の食材とうまく組み合わせることで
少しずつ味に慣れて食べられる量が
増やせるようになるのでおススメです。

例えばカボチャは煮物にするなら
大きめの乱切りに。
フライやメインディッシュの付け合わせ
として置くなら薄切りにして
フライパンやグリルで焼き目をつけます。

薄く食材を切っておくことで
火の通りも早くなりますし
栄養価の高い皮まで早く柔らかく調理
することが出来て食べやすくなる
という利点もあります。

いつものメインディッシュの脇にちょっと置くだけで
レストランのようなおしゃれなワンプレートディッシュ
に仕上げられるだけでなく、
食事後の後片付けも省力・短時間で済ますことができます。

ピーマンもとても身近な食材ですが
切り方次第でマンネリ化も防げますし
見た目にも可愛くなるお野菜です。

炒め物には短冊切りなどが向いています。
早く火を通したければ細めに
少し歯応えを残したいお料理には
気持ち太めに切ればOKです。

ピーマンが苦手なお子様の場合
小さくみじん切りにしてしまうのも手です。

時短をするにはとにかく細く切ること。

火の通りを早くすることで
調理の時間を少しでも短くすることができます。

また、輪切りにするとお花のような
可愛いシルエットとなりますので
特にサラダやピザなどのトッピングなどに
使うと見た目が華やかになります。

このニンジンのイラストのように
食材をいつもの切り方ではなく
調理方法に合わせて違った切り方を
するのも時間短縮や見栄えを変えることになります。

例えば子供の大好きなカレーはミンチ肉を使い
野菜を全部みじん切りにし
ドライカレーにすると
火の通りを早くできますので
時短になり目先も変わって
食欲もわきます。

また、サラダに使うトマトをくし切りではなく
薄切りにして扇形に広げると、食べやすいですし
いつもと目先が変わるのでパッと豪華な
イメージを演出できます。

食材をいつもの切り方ではなく
調理方法に合わせて違った切り方をして
工夫することで時間短縮や見た目を変化させて
家族の食欲増進につながっていきます。

時短テクニック⑤お惣菜を活用しよう

冷凍食材やお惣菜を買ってきて
そのまま食卓に出すのは
気が引けたりしませんか。

冷凍食品やお惣菜だと
ご家庭によってはお子様やご主人が
ちょっと嫌味を言ったりすることも
あるかもしれません。

なんとなく手抜き感が
お皿からにじみ出るというか
罪悪感を感じるというか・・・。

でも正直、毎日全力でお料理していると
疲れてちょっとお休みしたい
と思うこともありますよね。

ワーママも毎日夕食を調理する必要はありません。

仕事と育児のバランスを見ながら
うまく力を抜いて
リラックスできる日を作っておくのも
大切な事です。

ママだって、疲れてしまいますから。

疲れて調理が難しいときは
是非お惣菜の力を借りましょうね。

お惣菜をそのまま出すのではなく
お皿への盛り付けを変えたり
ちょっと手を加えたりすれば
それは手抜きではありません。

例えばとんかつなどは
かつ丼にしたり、カツカレーにしたりできますね。

唐揚げは油淋鶏のたれをかけてみるとか

お豆腐のトッピングをザーサイを使った中華風にするとか

お刺身の上に玉ねぎのスライスを乗せて
オリーブオイルでをカルパッチョ風にアレンジするとか

いろいろな方法がありますよ。

他にはメインのお肉のお惣菜があるとしたら
まず大皿にサラダを散らします。
レタスやベビーリーフなど緑のお野菜を盛り付けます。
もしあれば紫色の野菜があると見た目にも綺麗になります。

紫玉ねぎなどは比較的簡単に手に入ります。
もし手間を省きたいなら今はミックス野菜なども
充実していますのでそちらを利用しても良いでしょう。

自然と彩りも鮮やかになりますし
偏ったお野菜だけにならずにすみます。

お皿の周りにサラダを盛り付けたら
中央にメインのお肉を盛り付けて出来上がりです。

また、食事用意を夫婦で当番制にしてみたり
全部自分がしなくてはいけないという脅迫概念から
抜け出すことを考えるのもおすすめです。

時短テクニック【番外編①】盛り付けを工夫すると豪華に!

いつも大皿におかずを盛り付けているのなら
それを一人ずつお皿に盛る、
ワンプレートディッシュに変えてみたり
小鉢に盛り付けたりすることで
いつもとは違ったアレンジを
食卓に加えることが出来ます。

自分で好きなおかずを取り分けるスタイルだと
バイキング形式のレストランのようで
子供たちもワクワクしていつもより沢山
食べてくれたりします。

反対にそれぞれのおかずを小鉢に入れて
ちょっとづつ懐石風にするのもありですね。
目の前にいろいろなお惣菜が並ぶと
どれから箸をつけようか迷ってしまいますが
見た目がとても楽しいですよね。

時短テクニック【番外編②】テーブルコーディネイトを活用しよう!

また、お料理のおいしさをさらに引き立ててくれる
ランチョマットやテーブルクロスも
意外と無下にできない存在です。

明るい色のマットにすると
気持ちも高揚し、食欲が増します。
逆に寒色系のマットだと
気持ちを落ち着けて食事が出来ます。

こうしたテーブル小物を活用すると
おうちの食卓がレストランに早変わり。
食卓がとっても華やかになります。

調理で時短できた時間を
ちょっとだけテーブルコーディネートに
まわしてみてはいかがでしょうか。

特別な時だけでなく普段にも取り入れてみませんか。
普段と違う雰囲気を演出することで
気分も盛り上がり楽しい食卓になること間違いなしです。

まとめ

ワーママはとにかく忙しい!
夕食の準備に時間を取られることで
仕事から帰ったのに、また体力を使う。

お子様やご主人が手伝ってくれることを
期待しても裏切られることが多いのでは?

そんな状態が長く続くとほんとに
ストレスがたまりいつか爆発してしまいますよね。

仕事を頑張ったあなたにも
力を抜いて食事を楽しむお手伝いを
させていただきたいです。

簡単レシピ・時短レシピはもちろん
本格的なお料理をしたいと思っている方にも
いろいろなレシピをご提案しています。

また、料理は作る人の心が一番大切!

あなたの辛い心が軽くなるお手伝いも
させていただいているので
下記のコメント欄か直接メッセージを
私、グランマ梨沙まで送ってくださいね!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事